Event is FINISHED

【国際おやつ(OYATSU)研究会】第2回 嗜好品の魅力と健康効果

Description
“OYATSU”として世界に向けて発信された「嗜好品」は、
伝統文化や歴史と密接な関係があり、今や日常の食生活に不可欠な存在であります。


「食のバランスガイド」においても栄養性と共に、食事の際の楽しみとして重要な存在であると考えられています。


第2回では、愛知学院大学 特任教授・人間総合科学大学 特任教授・名古屋大学名誉教授 
大澤俊彦氏をお迎えし、大澤氏が長く関わってきた「嗜好品」である、
赤ワイン、チョコレートやココア、“OYATSU”の素材としてその機能性が注目されている
ゴマやワサビ、アーモンドなどのナッツ類や、パフェに必須なフルーツ類、
バナナやパイナップル、パパイアなどの機能性について紹介いたします。


=====================
国際おやつ(OYATSU)研究会とは?

国際おやつ(OYATSU)研究会は、2021年4月より、
一般社団法人ウェルネスフード推進協会の分科会として設立された研究会です。

当研究会では、おやつを摂ることで健康を維持・増進できることや、
生活の楽しさが増えることに繋がることなど、
国内でのおやつ文化を啓発および定着化していく他、
日本発のおやつ文化を世界に発信していくことを使命として活動します。

▼詳細はこちら
https://www.nihon-kenko.jp/index.php/report/archives/97
=====================


皆さまのご参加、お待ち申し上げます。


【開催内容】

■タイトル:嗜好品の魅力と健康効果

■開催日時:2021年5月24日(月)16:00~17:30(受付 入場アクセス開始10分前~)
■形式  :オンライン(ZOOMウェビナー)
■定員(上限):500名 
■受講料 :無料
■講師  :大澤 俊彦氏



愛知学院大学 特任教授
人間総合科学大学 特任教授
名古屋大学名誉教授
一般社団法人ウェルネスフード推進協会 副理事

1974年東京大学大学院農学系研究科博士課程修了(農学博士) オーストラリア国立大学理学部化学科リサーチフェロー。
1978年名古屋大学農学部助手、1995年同大学農学部教授、2010年より愛知学院大学心身科学部 学部長・教授、
その後、特任教授、現在に至る。2019年より人間総合科学大学 特任教授。

研究は、「天然素材、特に植物性食品素材由来の機能性因子の探索と化学・ 機能性の解析」「抗酸化食品因子を対象に、
ヒト臨床を中心とする生体内吸収・代謝の化学と機能性発現機能の解明」を行う。

■モデレーター:早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 規範科学総合研究所 ヘルスフード科学部門 部門長 矢澤 一良氏 
■プログラム:
 16:00     開会
 16:00-16:05 国際おやつ(OYATSU)研究会の説明及び注意事項
 16:05-17:05 講演「嗜好品の魅力と健康効果」
 17:05-17:30 パネルディスカッション+質疑応答
 17:30     閉会
Mon May 24, 2021
4:00 PM - 5:35 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
無料チケット FULL
Organizer
一般社団法人ウェルネスフード推進協会
296 Followers

[PR] Recommended information